フロリネフ通販

犬猫のアジソン病薬

フロリネフは犬猫のアジソン病(慢性腎不全)を治療する薬ですが、動物病院で買うとめちゃ高いですよね。

 

でも、個人輸入代行の通販で海外の製品を買うとかなり安く買えるのでビックリです。

 

動物病院ではできない、まとめ買いでさらに安くなりますし、ジェネリック薬のフロリコットという薬だともっと安い値段で買えます。

 

フロリネフの通販

フロリネフ(Florinef)0.1mg

△詳細はクリック!△

  • 1本100錠入り
  • 1本:$38.00
  • 2本+1本サービス(合計3本):$76.00
  • 4本+2本サービス(合計6本):$152.00
  • ※価格は為替によって変動しますので通販サイトで確認してください。

 

フロリネフにはジェネリック薬のフロリコットという薬もあります。

 

安くて大変人気なので、品切れで入荷待ちの場合もありますが・・。

 

フロリコット(Floricot)100mcg

△詳細はクリック!△

  • 1箱:200錠入り
  • 1箱:$52.29
  • ※価格は為替によって変動しますので通販サイトで確認してください。

 

また、高血圧症に用いられる薬で、心臓病や腎臓病などにも有効であると考えられ投与されるアタカンドという薬もあります。

 

フロリネフに比べると副作用が少ないため長期使用に向いています。

 

アタカンド(Atacand)16mg

△詳細はクリック!△

  • 1箱:28錠入り
  • 1箱:$22.80
  • ※価格は為替によって変動しますので通販サイトで確認してください。

 

 

アジソン病とは?

アジソン病は副腎皮質の機能が低下する病気で、症状としては、最初に筋力低下、疲労、起立性低血圧(立ちくらみ)などが現れます。

 

その後、色素沈着を起こし、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢などががしばしば起こります。

 

さらには、体重減少、排尿過剰による脱水、低血圧などが後期症状として現れます。

 

アジソン病は人間のほか、犬や猫にも起こる病気で、副腎からのホルモン分泌が減少することによって症状が起こります。

 

原因としては、副腎自体が異常をきたす原発性と、他の器官の異常により引き起こされる二次性のものがあります。

 

原発性は自己免疫疾患、感染症、出血、悪性腫瘍などによって引き起こります。

 

二次性としては、下垂体または視床下部が腫瘍・創傷・炎症を起こして破壊され、副腎を刺激するホルモンの分泌が減って副腎の機能が低下するものです。

 

犬の症状としては、食欲減退、嘔吐、腹痛、体重減少、ぐったりして元気がない,低血糖値、脱水症状などが主なものです。

 

中年までのどの年齢にも発病する病気で、メスに比べるとオスのほうに多くみられるものです。

 

治療としては症状に対する処置と、ホルモン補給によって行われますが、入院による緊急治療となることが多く、退院後もホルモンの補給を続ける必要があります。

 

フロリネフとは?

フロリネフに含まれている有効成分は副腎皮質ホルモンであり、ミネラルを調整する働きのあるホルモンです。

 

ナトリウムやカリウムなどの代謝に作用する副腎皮質ホルモンで、犬猫の体内にナトリウムを貯めて、カリウムを排泄する機能があります。

 

犬には通常、体重や症状に応じて0.1〜0.4mg(1〜4錠)を投与し、猫には通常、体重や症状に応じて0.1mg(1錠)を投与します。

 

用法、用量、投与期間などは、症状や副作用の程度により異なるので、必ず獣医師の支持の上投与してください。

 

製造メーカーはアスペン(Aspen)です。

 

フロリネフは要冷蔵で冷蔵庫に保管しないといけません。

 

非常に高価な薬なので、動物病院の獣医師も海外の薬の個人輸入を勧めることもあるようです。

 

フロリコット

フロリコットはフロリネフのジェネリック薬で、フロリネフと違って、冷蔵庫に保管しなくて良いので管理が少し楽です。

 

製造メーカーは、サマースライフサイエンス(Samarth Life Sciences)です。

 

フロリコットはフロリネフより少し柔らかいようで、ピルカッターで半分に切るときに、うまく半分に割れないこともあるようです。

 

半錠を飲ませる必要がある場合は、フロリコットよりフロリネフのようが手間がかからないようです。

 

フロリネフに比べれば、かなり安い価格で買うことができますが、人気のため品切れ状態のときもあるようです。

 

アタカンド

アタカンドはフロリコットとは違いフロリネフのジェネリック薬ではありません。

 

もともとはアジソン病の治療薬ではなく、血圧降下作用のある心不全のための薬です。

 

血管の収縮を抑えて抹消の血管を拡げてくれるので、心臓病だけでなく腎臓病の治療に用いられることがあります。

 

フロリネフは副作用が強いため、長期使用にあたっては注意が必要ですが、アタカンドは副作用が少ないため長期服用も可能となっています。

更新履歴
page top